篠澤用水と御影用水が交差する御代田の分杭地籍 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.08.08

篠澤用水と御影用水が交差する御代田の分杭地籍


戦国~江戸初期にかけ、岩村田の篠澤源左衛門が

軽井沢の篠澤水源より

岩村田まで篠澤用水を開発しました。

それから数十年後に御影用水の工事が始まります。

御影用水は篠澤用水と交叉をしないと、完成に至りませんでした。

当時は用水を交叉させることは、まず考えられないことでしたが

篠澤家がこれを承諾し、写真のような姿になっております。


なお江戸時代の絵図ではこれとは逆で篠澤用水が下を流れ

その上を御影用水が流れています。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません