日本経済新聞「食ナビ」に佐久ホテル.佐久鯉 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2016.05.03

日本経済新聞「食ナビ」に佐久ホテル.佐久鯉



「長野・佐久、伝統と革新の鯉料理」〝海の魚より濃いうまみ〟
長野県佐久地方で江戸時代から続く伝統的な鯉料理。起源は室町時代に遡り、武田信玄も接客したという佐久ホテル(佐久市)。ロビーには歌人の若山牧水が1922年に残した歌が
残る。「…信濃なる鯉のうちにも佐久の鯉、先ず食いてみよと強いられにけりなるほどうまきこの鯉佐久の鯉…」19代当主の篠澤明剛社長(51)が古文書を見せてくれた。1648
年に小諸藩主に献上したのが鯉料理の最古の記録で、刺身や吸物として出されたと記している。板場に貼っていたのか、器や盛り方まで記した文書が数多く残る。2016(H28) 3/22/火
日経新聞夕刊7面■日本経済新聞「食ナビ」に佐久ホテル.佐久鯉
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません