ロドリゲス神父と謎の巻物と佐久ホテル | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2016.03.16

ロドリゲス神父と謎の巻物と佐久ホテル


江戸時代がスタートし、鎖国直前に、ポルトガルからロドリゲス神父が江戸にやってきました。

神父は江戸から京都まで歩きました。

神父の日記には火の出る山のふもとを通り岐阜に出たとあり

彼は信州佐久岩村田宿も通行したと言われます。

神父伝来とも言われる謎の巻物が当時から宿を続ける佐久ホテルに残っています。

古代ギリシャ文字で「聖母マリア、、、」と書いてあるとも言われる錦の巻物です。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません