佐久の鯉…「鯉吸物」佐久ホテル 佐久鯉料理伝統 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.09.20

佐久の鯉…「鯉吸物」佐久ホテル 佐久鯉料理伝統



江戸時代から現代までずっと調理を代々行い、

その文献も残る佐久ホテル。

江戸時代から戦前までは、「鯉の吸物」をよく作っていましたが、

最近はこの料理は、幻の料理に
なりつつあります。

鯉を三枚におろし、切身にして素焼きにします。

これを椀に入れ、熱い澄まし汁を入れます。

吸い口には白髪ねぎまたは、おろししょうがなどをあしらいます。




■「鯉吸物」佐久ホテル 佐久鯉料理伝統

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません