佐久鯉の歴史 wikipedia より | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.09.09

佐久鯉の歴史 wikipedia より


■佐久鯉の歴史 wikipedia より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%AF%89
佐久鯉の歴史と文化


 

文禄年間(1592年~)野鯉養生を試みる者ありとの言い伝え(文献等一切不
明)。

慶安元年(1648年)に岩村田篠澤家が小諸城主、家老に鯉料理を振る舞ったととする記録。これが佐久鯉最古の資料。

正徳5年(1715)佐久の小須田家「鯉見帳」に祝物として鯉六疋が贈られたとあり。

享保年間(1716~35)このころ佐久市中込地方で利根川などの鯉を移植したとの伝承あり(文献等一切不明)。

享保5年(1730)瀬下家婚礼献立に鯉と鮒。

延享3年(1746年)篠澤家に伊勢神宮神官福嶋鳥羽太夫を招いて鯉こくを提供した献立記録。

安永年間頃(1772)塚原の池田家が活魚輸送、魚卵移動など行った伝承(資料等一切不明)

天明元年(1781)桜井の臼田丹右衛が淀川の鯉を飼育との伝承(資料等一切不明)

文化14(1817)上塚原など28名が「鯉魚育方議定書」を作る。

文政元年(1818)田野口藩「鯉飼池之義御触請印帳」

文政2(1819)池田新田源太郎ら佃屋と「一括販売の契約」結ぶ。

文政7(1824)野沢の並木七左衛門が岩村田藩主より珍魚を賜る。

文政年間(1818~)桜井村「旧夫銭帖」に鯉七本の記録。

天保年間(1830~)臼田丹衛門の大福帳に鯉価格等の記録。

天保3年(1832)志賀村芳幅池へ鯉放流の記録。

天保4年(1833)桜井村鯉餌購入したというが天保14年説もあり。

天保13年(1842)跡部村茂原猪六養鯉日記。

弘化年間(1844~)浅沼太十郎屋敷裏稲田で養鯉。

弘化3年(1846)望月本陣文書に「鯉上物」

嘉永3年(1850)跡部村「村定請印帳」に稲田養鯉盗難対策。

嘉永5年(1852)野沢並木家日記に鯉料理。

安政4年(1857)猪六日記に鯉料理。

明治8年(1875)中込、野沢の鯉が県外にも販売される。
明治10年(1877)佐久の若者が郡外で養鯉。
明治30年(1879年)吾郷桜井之鯉魚養殖之図が柳澤文真により制作される。同じ頃、桜井稲田鯉が内国勧業博覧会へ出品受賞。
大正9年(1920)野沢町産業組合誕生。
大正13年(1924)佐久養鯉組合誕生。
大正14年(1925)佐久鯉加工工場設置。
昭和3年(1928)鯉の軍用販路進む。
昭和15年(1940)鯉稚魚10万匹を支那へ送る。
昭和18年(1943)長野県水産試験場南佐久採苗場設置。
昭和29年(1954)五郎兵衛新田大池で採苗試験。
昭和37年(1962)長野県養鯉生産が日本一になる。
昭和39年(1964)皇太子殿下が佐久の稲田養鯉祭に。
昭和40年(1945)長野県統計書から稲田養鯉の項姿消す。
昭和41年(1946)佐久鯉図柄の切手が発行される。
平成15年(2004)佐久地方にコイヘルペスウイルス入り鯉全滅に近い被害。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません