天竜川語源、信州佐久と蓼科山(天龍川) | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.06.24

天竜川語源、信州佐久と蓼科山(天龍川)


むかし、むかし佐久に大きな竜(りゅう)がいました。

ある時、竜は、天に舞い上がり、水を地上に落としました。

その水は蓼科山の山頂に降り注ぎ、

山を南に下って諏訪湖ができました。

その水がこぼれて流れて川になりました。

天の竜の水の川なので「天竜川」となりました。

今も蓼科山の頂上には

天の竜の水を受けた巨大な石があります。

※佐久地方の民話より…



■天竜川語源、信州佐久と蓼科山(天龍川)

 
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません