作家の佐藤春夫が歩いた佐久の市道(いちみち)佐久ホテル | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.06.14

作家の佐藤春夫が歩いた佐久の市道(いちみち)佐久ホテル



佐久市岩村田荒宿在住のS氏は、

子供時代に佐藤春夫に何度も会ったそうです。

S氏が、市道(いちみち)という名前の

横根と岩村田を結ぶ道路の岩子付近で遊んでいると

着流し姿のおじさんが、ゆっくり通り過ぎて行きました。

それが有名作家佐藤春夫先生だと知ってびっくりしたそうです。

その後のS氏は同じ場所で着流し姿の佐藤春夫を目撃しました。

さて、佐藤春夫は佐久市横根に疎開し、

佐久ホテルに長期逗留していました。

そのため、横根と岩村田を最短距離で結ぶ市道を何度も何度も徒歩で往復していたそうです。



■佐藤春夫が歩いた佐久の市道(いちみち)

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません
TEL:0267-67-3003

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事