「温泉の湯の色」 今日は色が薄いです! 茶色+白系 [佐久ホテル (天然温泉)] | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.05.29

「温泉の湯の色」 今日は色が薄いです! 茶色+白系 [佐久ホテル (天然温泉)]


佐久ホテルの天然温泉は、汲み上げる地下の温泉の色がなぜか毎日違います。

黒系、赤系、茶系、白系、透明、黄金色、黄系、青系など実に様々です。

なぜ色が変化するか、まったく不明ですが、これも地球の恵みだと思います。

また、何日も色の変化のない日もあれば、湯花が出る日もあります。

なお、白系や青系になる事はめったにありません!

佐久ホテルの天然温泉は、まさに〝いきもの〟デス。



 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません