鼻顔稲荷と災害の歴史 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.04.28

鼻顔稲荷と災害の歴史


■鼻顔稲荷と災害の歴史

明治45年8月15日に大雨にて鼻顔稲荷の崖が崩壊し社殿南側が崩壊しました。社殿中央部の下柱には斜梁を入れ補強をしたようです。※この時の写真は町内K様が所有 添付

また昭和49年にも社殿南側の崖が崩れ、当時の木製階段等が西側に落下し、鉄製階段にしました。平成27年4月には強風にて社殿南側屋根が大破しました。

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません