蟹沢用水(かにさわようすい)の別れと出会い… | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.04.22

蟹沢用水(かにさわようすい)の別れと出会い…


※岩村田の北(小田井)で分流、岩村田の南(根々井境)で再会する用水…

篠澤源左衛門が軽井沢の篠澤水源より引いた篠澤用水が、小田井の牛首にて岩村田用水(南)と蟹沢用水(北)に分かれます。蟹沢用水は長土呂や住吉町などの水田を潤し、
相生町で岩村田用水と再び合流し、根々井境の湯川右岸に達し、そのまま湯川に入ります。

写真は上流部の久保沢川です。この川からの水を用水に加えたり、

また用水があふれそうな場合は、この川に水を落としたりします。
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません