謎のキリシタン「錦布」 ロドリゲス神父の痕跡か… | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.03.30

謎のキリシタン「錦布」 ロドリゲス神父の痕跡か…


■The cloth which a father left 1606 Japan(ロドリゲス神父1606年の布。佐久ホテル)

Father-Rodrigues came to Japan.He met Ieyasu in the Edo era.It is 1606.He went from Edo to Kyoto.He stayed in Saku of Nagano.
It is said that he gave one piece of golden cloth at a hotel.The cloth is still left at the hotel of Saku.An ancient Greek letter is written on the cloth.
It seems to be written as Maria on the cloth。



佐久ホテル(篠澤家)に伝わる古代ヨーロッパ文字の金糸布

1606年に佐久を通過したロドリゲス神父が宿泊の謝礼に残したとも…

ロドリゲス神父は「江戸から京都へ徒歩で向かう。

火の吹く山のふもとを通過し、松代には行かず、岐阜へ向かう…」と

日記に書いています。


 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません