荻原井泉水と佐久ホテル | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2015.03.28

荻原井泉水と佐久ホテル


昭和五年冬に荻原井泉水は、佐久ホテルに宿泊し、

その晩の雪の情景を俳句にしました。

その句についての解説が信濃毎日新聞に掲載されました。

 「今朝の一句(平成9年1月14日1面)”わらやふるゆきつもる”荻原井泉水:ひらがなだけの、十文字から成る自由律俳句である。草ぶきの家はほとんどみかけなくなったが、雪がわら屋に音もなく降り積もってゆく風景は、おとぎ話にも出てきそうな世界だ。三好達治には[太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ/次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ]という詞がある。いずれも日本人の郷愁をそそる俳句と詩だ。まろやかな日本語のリズムがもたらす快感は、やっぱり詩のだいご味である。村上譲(作家・評論家)


■荻原井泉水と佐久ホテル



 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません