牧水とヤギと佐久ホテル。 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2018.01.11

牧水とヤギと佐久ホテル。


佐久ホテルの南東に昭和60年頃まで関口さんという藁屋根のお宅がありました。関口さんのご主人さんから牧水とヤギと佐久ホテルの話しを聞いたことがありました。
大正時代にご主人のお婆さんが家で留守番をしていると突然、乞食姿の男がやってきたそうです。男は「佐久ホテルはどこですか」と聞いてきたので、「おめは誰だや?」
と聞くと「若山牧水です」と答えたそうです。「佐久ホテルは、この隣だよ」と害虫を追い払うように冷たくあしらったとのことです。お婆さんは畑に行き、お爺さんに
「今、乞食が来たから追い払ったよ。若山牧水とかいう乞食だよ」と話すとお爺さんは「お前は、大変な事をしたな。あの有名な牧水先生に無礼があったとは」と言い、
家に帰り飼育していたヤギの乳を搾り佐久ホテルに届けたそうです。あの有名な牧水のみなかみ紀行に「佐久ホテルに投宿(中略)近くで頻りに山羊の鳴くのが聞えて
ゐた。(中略) お茶の時に山羊の乳を持つて來た。 「あれのだネ。」 と、皆がその鳴聲に耳を澄ます。と書かれているのは、関口さんのヤギのことだそうです。
若山牧水「みなかみ紀行」佐久ホテル 動画 http://youtu.be/Bhrbn4yo5qA


◎牧水とヤギと佐久ホテル。

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません