佐久市で秋の植物の観察会 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2017.10.06

佐久市で秋の植物の観察会



「地元の自然に親しんでもらおうと、佐久市で秋の植物を観察する催しが開かれた。」


これは佐久市が開いたもので、会場の平賀神社には地元の人など9人が集まった。

参加した人たちは講師を務める長野県自然観察インストラクター篠澤明剛氏の説明を受けながら、境内の木や植物を観察した。

このうちカエデの木には、翼のような羽根をつけた種が実り始めていて、カエデの葉が赤く染まりだすころに種は風に乗って飛んでいくということ。

また、野草の試食会も行われ、参加者はヨモギやクローバーなど食べることができる野草を摘んだあと、天ぷらにしておいしそうに味わっていた。

参加した50代の男性は「観察した植物を食べることができて楽しかったです」と話していた。

講師は「佐久には豊かな自然がありますし、植物にまつわるいろいろな伝統もあるのでこれを機会に、興味を持ってもらえればと思います」と話していた。

■佐久市で秋の植物の観察会

201709月27日18時55分

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません