ニャッパヤ??? | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2017.01.29

ニャッパヤ???

県外から佐久にみえた人が、いきなり「ニャッパヤってなんですか?」と訊ねてきました。

「はっ?」と聞きなおすと「今、車を運転していたら、近所の店先に〝ニャッパヤあります〟と書いてあったんです」とのことでした。

ニャッパヤは、共通語では「油鮠 アブラハヤ」という川魚です。

佐久では、初夏にこの川魚が産卵期を迎え、最高に美味しい故郷の味に
なります。

天麩羅、フライ、煮付、焼物、味噌汁もいいですが、唐揚は絶品です。

さて、ニャッパヤの語源ですが「苦鮠 ニガハヤ」からきています。内臓がほろ苦い鮠という意味

■ニャッパヤあります!



です。http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A4

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません