佐久鯉塩焼き 「佐久ホテル.佐久鯉」 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2016.09.06

佐久鯉塩焼き 「佐久ホテル.佐久鯉」




大正時代に佐久ホテルで鯉料理を食べた若山牧水は「旨かりにけり」と詠んでいます。このなかに鯉の塩焼きも食べたとあります。しかも牧水は、二年子の塩焼きと記していますので
当時の佐久ホテルでは小ぶりの鯉を焼いていたようです。さて、鯉の塩焼きを最初にお客様に提供したのが佐久ホテルだそうです。明治初め頃には鯉を塩焼きにして、ほうろく鍋に塩を
敷きその上に松葉を入れ、そこに焼いた切身を乗せ、ふたをしてさらに蒸し焼きにして鍋ごとお出ししていたそうです。
〒3850022長野県佐久市岩村田 今宿553 佐久ホテル 天然温泉

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません
TEL:0267-67-3003

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事