洋食と佐久ホテル、明治時代に佐久地方でも西洋風の料理が登場 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

2016.06.28

洋食と佐久ホテル、明治時代に佐久地方でも西洋風の料理が登場



佐久ホテルでは明治17年にオムレツやオムライス、マカロニを佐久で最初に提供したそうです。

また当時、岩村田の人がトマトケチャップの輸入を行っており、料理に
ケチャップを使用することもできたそうです。

また佐久ホテルには「西洋料理さた」という洋食コーナーもありました。

それに、明治に「ホテル」という名称を当館が使用した当時、
ハイカラを通り越していたそうです。

なお、佐久ホテルという名称を考えた篠澤豊太郎、菊子夫妻は、どちらも江戸時代の生まれです。


 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません