佐久ホテルと市川萬庵。 | 佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

1428年・室町時代創業の信州一の老舗旅館。お食事だけのお客様も大歓迎。全室個室でのんびりゆったり名物の鯉料理に舌鼓

佐久鯉元祖/佐久ホテル/天然温泉

佐久ホテルと市川萬庵。


佐久ホテルには市川萬庵の作品が現存しています。明治時代に佐久ホテルを会社化した篠澤豊太郎の妻「菊」の父「林周庵」が江戸城御殿医師
を務めた縁で幕末に萬庵が佐久ホテルに逗留し作品を残しました。

万庵の漢詩作品の中に登場する「小橋流水梅花荘ショウキョウリュウスイバイカノソウ」の梅の古木は
今も佐久ホテルのフロントの前にあります。漢詩には「花落鶯啼曽断腸花オチウグイスナイテカツダンチョウ」とありますが、今も梅の花が散る頃にはウグイスが囀ります。

詞に「満紙残影重見画酔来猶憶時香ハナニミツザンエイナオカサネテエヲミツヨイキタリテナオキュウジノカオリヲオボユルガゴトシ」とあるように悲しげに啼いているように聞こえます。

※市川萬庵イチカワバンアン…天保七年江戸出身。三兼ミツカネが本名で230石の江戸城騎士、書家、銃砲家としても有名。明治3年に大蔵省入省し。

政府の命令で貨幣製造を行うために渡英し萬庵が貨幣に使用する文字を書く。現在の日本貨幣の文字も万萬の字体を使用。

佐久ホテル 天然温泉



●市川萬庵。



 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません
TEL:0267-67-3003

CALENDERカレンダー

  • 2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事