軽井沢と周辺地域(佐久・小諸)の地域情報

TOPICSトピックス

2017.09.15

【麺処 くれしづき】漢(おとこ)食レポ


 
『漢(おとこ)』とは男の中の男という意味!そんな「漢(おとこ)」のみが愛するお店「漢(おとこ)店」を軽井沢ナビ編集部男性スタッフが探す企画、それが「漢(おとこ)」レポなのです!

今回は佐久市中込で話題のラーメン店「麺処 くれしづき」さんです!


オーナーの北村さん 長所:らーめんと佐久市(特に中込地区)をこよなく愛する 短所:らーめん愛が強すぎて語りだしたら止まらなくなる
自信に満ち溢れた表情で早速、一杯目「塩らーめん」を出して来ました!



編集部男性スタッフ、初めての食レポ挑戦で非常に緊張しています。
今回は「塩らーめん」「醤油らーめん」、デザートに「杏仁」を完食し「漢(おとこ)店」にふさわしいか否か判定する重要任務が課せられています!


スープは水が命!むろん浄水使用でこの透明感。美しい!


鶏がらベースに3種類のブレンド塩と数種類の香味油と和風だしのWスープでバランス抜群のまろやかなスープ!


こだわり生麺づくりがモットーの佐久市「信州生麺工房」さん特注の中太ストレート麺。ツルツルかつモチモチでスープによく絡む!

国産鶏ももチャーシューは一杯に2種類入っており、それぞれの食感、いずれも若干スパイシーでやわらかく、食べごたえ十分。優しいスープにもピッタリ!
スープも麺も具材もバランスを考えて抜いて創られた作品で、まさに青菜もビックリ❢焦がしネギのスタンディングオベーションです!


まずは余裕で完食!ごちそうさまでした!



二杯目、「醤油らーめん」!
オーナーの佐久愛から「星のまちうすだ」の流星群をイメージしたこだわりの盛りつけ!漢(おとこ)のロマンを感じます!


多数の節を使用して醤油の返し、鶏がら、和風ダシで、やはり絶妙なバランス!サッパリとした仕上げで口の中に風味だけが残る。

無心で味わっていたら「レポート」を忘れチャーシューがあと一口となってしまった!
チャーシューは国産豚を時間を掛けて丁寧に煮込み、秘伝のタレで漬け込んだ深い味わいでやわらかい食感!


あっという間に完食でごちそうさまでした!もうお腹いっぱい。


それぞれの「らーめん」のバランスを整える香味油などをチョットだけ特別に公開してもらいました!


ウォ~っ!完食したと思っていたらデザートに「杏仁」を注文していたのを忘れてた!


中華のデザートといえば「杏仁」というオーナーの想いから、こちらにもシッカリこだわりがありました!

プリンに近い食感でとってもクリーミー♪一般的な「杏仁」よりも生クリームと牛乳を多めにし、隠し味にりんごの風味を入れてあるそうです。季節によって隠し味を替えていくとのことです。


アッサリと濃厚の中間でお口直しにはピッタリでした!ごちそうさまでした。もう食べられない~

「漢(おとこ)店」認定ジャッジですが、残念ながら不適格と決定しました。
理由はお子様、女性、ご年配の方まで好まれる味でどなたでも気軽に通えてしまうお店だからです!
また、店内が清潔でオーナー、スタッフさんもお客様への対応がとても良いのが減点対象となりました。
「漢(おとこ)店」とは男の中の男のみが行けるお店でなくてはならないのです!
 
【佐久市中込 ラーメン店】
麺処 くれしづき
 〒385-0051
長野県佐久市中込3466-5 ミヤザワビル1F北
TEL:0267-88-6447

『麺処 くれしづき』の詳細はコチラ!
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません