小諸城址懐古園紅葉情報(2015年11月7日) | 小諸城址 懐古園(かいこえん)

春の桜、秋の紅葉、動物園、遊園地、様々な記念館を有した城址公園

小諸城址 懐古園(かいこえん)

2015.11.07

小諸城址懐古園紅葉情報(2015年11月7日)

現在、懐古園の紅葉は見ごろです。

モミジだけで大小合わせて400本くらいあります。

今年は紅葉の色づき始めが昨年よりも10日ほど早くて、10月中旬にケヤキやイチョウの葉っぱから徐々に色づき始めました。

その後、サクラやモミジ、カエデなどの色が徐々に変わってきました。

 

ただ、雨があまり降らなくて乾燥していたためなのか、少し枯れ葉や落ち葉が多いところもありましたが、地面に降り積もった落ち葉は、むしろそこがきれいで儚(はかな)げで見どころでもあると思います。

紅葉が始まってから、冷たい雨が降った日も数日ありましたが、雨が樹木を伝って頭上に降りそそぎ、三日月のヨットのような形をした涙がひたいの瞼にひかって笑って落ちる。

そんな静まり返った雨の日のひんやりとした懐古園も、実は趣があっていいものですよ。

晴れの日の懐古園と雨の日の懐古園を歩いてみて、それぞれの違いを見つけるのもおもしろいかもしれません。

 

これから11月中旬にかけて、モミジは赤みを増してもっときれいになっていくでしょう。

懐古園で一番の撮影スポットは、黒門橋という橋がかかったもみじ谷なのですが、ここを上から見下ろすとたいへん美しいです。ここがいちばん見ていただきたいところです。

数日後には全体が真っ赤に染まって、よりきれいになるでしょう。

 

本日は朝、小諸市動物園のアイドルである川上犬・さくらちゃんと懐古園内を散歩している写真も載せました。

秋の紅葉に一喜一憂、興奮を抑えきれない様子でした。

動物園に帰ろうとすると、「帰りたくない。もっと紅葉の葉っぱといっしょに遊んでいたい。」と、足を十文字にして、帰りたがらない様子でした。

さくらちゃんが見ているその目の先にはいったい何があるのでしょうか。

さくらちゃんは落ち葉を踏みしめながら、ほかのワンちゃんとも話をしていました。

 

また、本日はNHKによる懐古園内の紅葉の取材が行われました。

その撮影の様子がわかる写真も載せましたので、紅葉の風情や魅力を感じていただけたらと思います。

 

小諸は標高が700m以上と高く、高山に位置する坂の町と言っても過言ではありません。

小諸は日本でもトップクラスの「快晴率」(晴れの日の割合)を誇り、高原野菜がおいしく、また、空が近いので夜の星が実にきれいなのは言うまでもありません。

こんなにもたくさんある星々にひとつひとつそれぞれ名前があるなんて、考えてみればすごいことだと思いませんか。

懐古園の中で出会える自然だけでも、紅葉の樹々や美しい花々やたくましい生え草や、地面の片隅でひっそりと暮らす昆虫たちや、空を颯爽(さっそう)と舞う鳥たちや、きれいにまたたく星々など、数え上げればきりがありません。

星と星を結んでできた星座は、あやとりみたいな空のお絵かき。

これから冬に向かうにつれて、星がよりきれいに見えるようになります。

標高が高い小諸は、空気も実においしいのです。

冬は空気中に含まれる水蒸気が少なく、光があまり散乱しないため、星がきれいに見られます。

柄杓(ひしゃく)のような形をした北斗七星もそろそろきれいに見られるかもしれません。

手のひらに蛍を包んだように明るい冬の星座も、きっと趣深くて素晴らしいでしょうね。

 

空を見上げるのが好きな人は多いでしょう。

夜空を見上げれば幾千にものぼる星の瞬きが見えます。

手が届きそうなほど近くの夜空には鮮やかな星の名湯が現れます。

かなしいことやさみしいときがたくさんあっても、すべてのことが銀河の渦のようにつながって、流れてゆく風に身をまかせています。

あの日の星はもう消えて無くなっているのかもしれません。

しかし、太陽はそれを知りながら今でも輝いています。

星空はなんでも知っています。

何億光年の思い出を整理して、広大な空のなかに大切にしまっているのですから。

そんな広大な自然の神秘の成り立ちのひとつひとつを、ここ懐古園では垣間見ることができます。

紅葉の風景だけではなく、そういった「自然の摂理」を見ることができるのも「懐古園の大きな魅力」のひとつだと思うのです。

 

「汚い言葉を使えば汚い人になる。美しいことを願えば美しい人になる。」

これは沖縄に古くから伝わる言葉です。

この言葉を胸に、懐古園で自然を愛し、人やものを慈(いつく)しみましょう。懐古園を皆さんで共に愛しましょう。

 

懐古園を歩いている方々は、みなほんとうに楽しそうです。

懐古園に来ると、誰かにやさしくしてあげたくなります。

懐古園に来て、今までに一度も見たことのないほど素敵で素晴らしい風景に出会ってみませんか。

初めて懐古園に来た人はみな、口をそろえてこう言います。

「懐古園がこんなに素敵なところだとは知りませんでした。もっと早くから来ればよかったです。またもう一度来たいと思います。」と。

 

幸せは夢を叶えることではありません。

懐古園に来て、あなたが思い描いている夢とどうか仲よくなってください。

懐古園がその手助けをしてくれることでしょう。

心がうつむくときに、人は懐古園が恋しくなります。













































 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません
TEL:0267-22-0296

CALENDERカレンダー

  • 2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事