クリスマスを楽しむハーブ | おうちサロン ~ふわり~

心にゆとりをとりもどすヒーリング

アロマテラピー&整体リラクセーション おうちサロン ~ふわり~

クリスマスを楽しむハーブ

クリスマスと言ったら、どんな香りを
思い浮かべますか?

いまいち・・・ない


日本では、あまりなじみがないかもしれませんが
ヨーロッパではクリスマスが近づくと

街のあちこちで『香り玉』と呼ばれる
フルーツポマンダーを見かけるようになります



これは、ヨーロッパの家庭に古くから伝わる『お守り』
のようなもの。

家族みんなが健やかに過ごせるように・・・
という願いを込めて手作りされているものだそうです。



フレッシュなオレンジやレモンと香辛料と知られている
クローブ(丁子)を使います。

オレンジの果皮にクローブをびっしり刺して
シナモンパウダーをしっかりまぶして乾燥させたものなんです。

飾っておくと、柑橘の爽やかな香りとシナモン・クローブの
スパイシーであったかい香りがお部屋いっぱいに広がり

幸せな気持ちにさせてくれるんですよ~(^▽^)/

これからクリスマスムードが高まるこの時期
フルーツポマンダーづくりに挑戦してみませんか?





魔除けから幸運のお守りへ
~フルーツポマンダーの歴史~


ポマンダーの歴史はとても古く
中世ヨーロッパにまで遡ります。
その語源は、丸いものの象徴とされた”pomme(リンゴ)”と
当時頻繁に使われていた香料”amber”。

『アロマテラピー』という言葉がなかった時代ですが
当時の人々も香りが流行病などの悪いものから
自分を守ってくれると知っていたのですね。




~材料~
リボン
小さめのオレンジ
クローブ(アマゾンや楽天などで安く買えます)
シナモンパウダー(アマゾンや楽天などで安く買えます)

(オールスパイスパウダーやオリスルートパウダーなど
シナモンパウダーに混ざても使えます)

~作り方~
リボンを付けるところに養生テープを貼る。
オレンジにクローブを刺していく。
刺しにくいときは竹串で果皮に穴をあけて刺す。

びっしりと刺し終わったらビニール袋に
シナモンパウダーと入れてゆすってパウダーをまぶし付ける。
1時間位そのままなじませた後、
通気性のいい場所で乾かし、すっかり乾いたら
テープをはがし、シナモンパウダーも払落し
可愛いリボンや紐、毛糸などを結び、できあがり!!



忙しくない時に、香りを楽しみながら
ゆっくりとした気分で作るのがおススメです


仲良しとおしゃべりしながらもいいですね。
私は一人で優しい音楽を聴きながら作るのが好きです
♡♡





最後までお読みいただきありがとうございます♡
 
(公社)日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー認定教室
(公社)日本アロマ環境協会アロマハンドセラピスト資格認定教室

アロマテラピースクールおうちサロン~ふわり~    Tel 0267-65-9447

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して軽井沢ナビは一切の責任を負いません